早起きのコツ 方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

寒い冬に布団から出る早起きのコツ

1.睡眠中に身体が冷えてしまうと早起きしにくくなります。身体を温めると寝覚めが良くなるので、厚手のパジャマを着たり、首にタオルを巻いたりして体温を逃がさないようにしましょう。

 

2.就寝前にはぬるめのお湯で長時間入浴すると、身体が冷えにくく効果的です。

 

3.起床時間に合わせて暖房をタイマーでセットしておくと、起床するのが楽になります。

 

4.目覚まし時計を、布団から出なければ止められない場所に置きます。

日光で早起きする方法

早起きのコツ

1.日光(別に日光でなくても明るい光なら電灯などでもOK)を浴びることでセロトニンと呼ばれる脳内物質が分泌され、脳が活動に適した状態になり、寝覚めが良くなります。朝日を浴びることで、体内時計がリセットされます。

 

2.電気スタンドなどをタイマーで起床時間にオンになるようにセットすると、起床時間に光を浴びることができ、早起きに効果的です。

 

3.カーテンを少し開けておいて、日の出と共に日光を浴びられるようにするのもよい方法です。

私は「3」の方法を使っていますが、効果絶大ですよ!!

ただし、冬場は起床時間のほうが日の出よりも早いので使えません・・・
「2」の「電気スタンド+タイマー」の方法は、急に明るくなるため、私には効果がイマイチです・・・
本物の日の出のように「徐々に周囲が明るくなる」というのが効果的なようです。
このような光目覚まし時計intiならば、本物の日の出のように、次第にゆっくりと光を強くすることができます。


4.昼間に日光をきちんと浴びておきましょう。睡眠時に、「メラトニン」というホルモンが分泌され、眠気が引き起こされます。

 

5.就寝時間の2時間くらい前から、部屋の照明を暗くしておくと、身体が眠る準備をします。


家族を起こさないで済む早起きの方法

1.携帯電話をサイレントモードでバイブをオンにしてパジャマのポケットに入れてアラームをセットしておくと、一緒に寝ている人に気づかれずに早起きできます。

 

2.目が覚めたら、手加減なしで、思いっきり自分の身体をつねる。

科学的に早起きする方法

1.眠りが浅くなる「レム睡眠」は、眠ってから約90分サイクルでやってくるが、このレム睡眠の最中に起床すると寝覚めが良いです。そのため、90分の倍数を睡眠時間にするとよいでしょう。

 

 

2.「過眠症」「睡眠時無呼吸症候群」などの睡眠障害が原因で早起きできない場合もあるので、病院の検査を受けること

 

3.休日に寝だめしないようにしましょう。寝だめのせいで、翌日の睡眠不足につながり、早起きが困難になります。

 

4.どうしても休日にたくさん寝たい場合は、「平日の睡眠時間+2時間」を上限とします。

 

5.規則正しい生活をすることで、規則正しい起床時間になります。規則正しい生活サイクルの上に早い起床時間を乗せてしまえば、簡単に早起きできるようになります。

食事でする早起きの方法

1.夜にカフェインを含むコーヒーや紅茶を飲まない。寝付きが悪ければ早起きは難しいです。
2.朝食を食べる習慣をつけましょう。昼食や夕食もなるべく毎日同じ時間帯に摂りましょう。

生活習慣で早起きするコツ

早起きする方法

1.一日でも早起きできたら、それが習慣化できるように2週間は無理してでも早起きを続けましょう。2週間続けることができれば、多くの場合、早起きが習慣化されます。土日も同じように続けてください。

 

2.朝一番に楽しいこと、好きなことをするようにする。楽しいことがあれば、自然と早起きできるようになります。

 

3.反対に、朝一番にしなければならないことを予定に組んだり、約束を入れるのも早起きのコツです。どうしてもしなければならないことがあれば早起きせざるを得ません。

 

4.日中に運動する習慣を持ちましょう。しかし、就寝前に激しい運動をすると、脳が興奮状態になってしまい、寝つきが悪くなり逆効果です。

 

5.必要な睡眠時間を削って早起きしようとしても無理があるので、早起きしたい場合は、その分、早寝するようにしましょう。

 

6.平日だけでなく休日も同じ時間に早起きすることで習慣化されやすいです。土日に寝坊すると早起きが習慣化されにくいです。たとえ就寝時間が日によって違っていても、起床時間は常に同じ時間にすることも早起きのコツです。

 

7.友人などに、起きるまでしつこくモーニングコールをかけてもらう。相手に少なからず迷惑をかけているので、申し訳なく思って早起きできます。

 

8.寝る前に、翌日するべきこと、したいことを紙にリストアップします。翌日のスケジュールを組んで、早起きせざるを得ない状況を作ります。

 

9.寝る前にトイレに行かない。朝方にトイレに行きたくなり、早く目が覚めます。トイレで用を足した後は、そのまま起きてしまいましょう。

 


昼間の眠気を取る方法

1.早起きのせいで昼間にどうしても眠い場合は、20分間の仮眠をとりましょう。20分よりも長いと、再び活動するのが辛くなります。

 

2.どうしても早起きできない場合は、「自分は早起きできない体質」と割り切り、あきらめて夜型になるのも一つの方法です。最も集中できる時間帯は人によって違います。

寝覚めを良くし、二度寝しない方法

1.布団の中で手足の指を開く、閉じるを繰り返します。末梢への血行が良くなり、寝覚めがすっきりします。

 

2.起床後、少し熱めのシャワーを浴びることで、寝覚めがすっきりします。

 

3.起きてから二度寝してしまう習慣のある人は、中途半端に起床時間が早いがために二度寝をしがちです。朝の起床後の時間に二度寝するスキを作らないようにし、最低限度の時間だけを確保するようにしましょう。

目覚まし時計で早起きする方法

目覚まし時計を3つ用意し、起床時間30分前・起床時間15分前・起床時間ちょうどにセットします。
一説によると、人が目覚めてから実際に起床するまでに30分の準備時間が必要と言われています。
その時間を見越して目覚まし時計をセットするという方法です。

 

81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)