科学的,早起き,方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1.眠りが浅くなる「レム睡眠」は、眠ってから約90分サイクルでやってくるが、このレム睡眠の最中に起床すると寝覚めが良いです。そのため、90分の倍数を睡眠時間にするとよいでしょう。

 

2.「過眠症」「睡眠時無呼吸症候群」などの睡眠障害が原因で早起きできない場合もあるので、病院の検査を受けること

 

3.休日に寝だめしないようにしましょう。寝だめのせいで、翌日の睡眠不足につながり、早起きが困難になります。

 

4.どうしても休日にたくさん寝たい場合は、「平日の睡眠時間+2時間」を上限とします。

 

5.規則正しい生活をすることで、規則正しい起床時間になります。規則正しい生活サイクルの上に早い起床時間を乗せてしまえば、簡単に早起きできるようになります。