生活習慣 早起き コツ 方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1.一日でも早起きできたら、それが習慣化できるように2週間は無理してでも早起きを続けましょう。2週間続けることができれば、多くの場合、早起きが習慣化されます。土日も同じように続けてください。

 

2.朝一番に楽しいこと、好きなことをするようにする。楽しいことがあれば、自然と早起きできるようになります。

 

3.反対に、朝一番にしなければならないことを予定に組んだり、約束を入れるのも早起きのコツです。どうしてもしなければならないことがあれば早起きせざるを得ません。

 

4.日中に運動する習慣を持ちましょう。しかし、就寝前に激しい運動をすると、脳が興奮状態になってしまい、寝つきが悪くなり逆効果です。

 

5.必要な睡眠時間を削って早起きしようとしても無理があるので、早起きしたい場合は、その分、早寝するようにしましょう。

 

6.平日だけでなく休日も同じ時間に早起きすることで習慣化されやすいです。土日に寝坊すると早起きが習慣化されにくいです。たとえ就寝時間が日によって違っていても、起床時間は常に同じ時間にすることも早起きのコツです。

 

7.友人などに、起きるまでしつこくモーニングコールをかけてもらう。相手に少なからず迷惑をかけているので、申し訳なく思って早起きできます。

 

8.寝る前に、翌日するべきこと、したいことを紙にリストアップします。翌日のスケジュールを組んで、早起きせざるを得ない状況を作ります。

 

9.寝る前にトイレに行かない。朝方にトイレに行きたくなり、早く目が覚めます。トイレで用を足した後は、そのまま起きてしまいましょう。