インティ 早起き

寝坊,遅刻,対策

朝に弱くて寝坊してしまい、会社や学校に遅刻してしまう・・という方はいませんか?

 

朝寝坊してしまうという場合、当たり前の対策ですが、夜更かしをせずに決まった時間に就寝し、しっかり睡眠時間を確保することが大事です。

 

ですが、ベッドに入っていもなかなか寝付けないという人もいますし、仕事やいろんな理由で、寝る時間が不規則になってしまうという人もいると思います。

 

残業などがあったり、ストレスを抱えていると、規則正しい生活をなかなか送れないという場合もありますからね・・・

 

では、生活が不規則になりがちな人が寝坊遅刻をしてしまわないために、どういった点に気をつければよいのでしょうか?

 

睡眠の専門家の方が書かれた本によると、就寝時間にかかわらず、毎日同じ時間に起床するようにするのが良いそうです。

 

ぐっすり眠れた日も、ちょっと寝不足か?と思う日も、決まった時間に起きるのです。
(なお、医学的には「寝だめ」はできないそうなので、休みの日も同じ時間に起きるのがベストだそうです)

 

毎日決まった時間に起床することで、体内時計をリセットする習慣がつき、寝坊遅刻対策になるのではないかと思います。

 

 

 

ところで、ほとんどの人は起きるときに目覚まし時計やスマホのアラームを使っていると思います。

 

ですが、眠っているときに大きな音で起こされるのは、いきなり脳が驚かされてびっくりし、かなりストレスのかかることだそうです。

 

私なんかは、自分がまさにそうだと思うのですが、大きな音に拒否反応を示してしまい、よけいにスッキリ起きるのが難しい、ということになるのかもしれませんね。

 

そんなことから、大音量で無理やり起こすのではなく、決まった時間に、もっと自然に目が覚めるようになれる方法はないのだろうか?もしあれば、根本的に寝坊遅刻対策になるのでは?と思って色々と調べてみました。

 

その結果、テレビや雑誌などでも時々取り上げられているという「光で起きる目覚まし時計」というものを見つけました。
81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

 

光目覚ましを実際に使ってみて、寝坊遅刻対策に効果を感じています!

起床時間のしばらく前から光を浴びることで、朝起きるためのホルモンが体内で生成され、身体が起きるための準備をするため、自然にスッキリと起床できるようになるそうです。

 

たしかに、夏のように日の出が早く、日光も強い時期は、なんとなくスッキリと起きられる日もあったなあ・・・それはこういう理由なのか!とハラ落ちした私は、迷うことなくポチってしまいました。

 

もう、何がなんでも寝坊遅刻の恐怖から解放されたいという強い願望がありましたので(笑)

インティ

私が日々愛用している光目覚まし時計インティです。

 

下2/3くらいが全面的にLEDになっていて、セットした時間の30分前から、日の出のように徐々に明るくなっていく(ここがポイントです)仕組みです。

 

私は布団で寝ているので、100均で購入したアミに掛けて、光がちょうど顔に当たるように高さを調節していますが、置時計にもできます。
ベッドの人は置時計にするほうがいいかもしれませんね。

 

 

肝心の効果のほどについて。

 

仕事のある日は光だけでは不安なので、一応スマホのアラームも併用していますが、でも、
間違いなくスッキリ起きやすくなったことを実感しています!!

 

遅刻寸前まで布団の中でグダグダ寝ていた過去は永遠の秘密です(笑)

 

あと、睡眠時間4時間未満の日はさすがに光で起きられず、音のアラームで無理やり起こされてはいます。

 

ですが、それなりに睡眠時間を確保できた翌朝はもうばっちりです。

 

81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

続きを読む≫ 2016/11/09 01:12:09

インティ,睡眠時間,短縮

光を利用した目覚まし時計でスッキリと起きられるならば、もしかして睡眠時間を無理なく短くすることができるのでは?と考えました。

 

私、これでも結構毎日の生活で、仕事とか、いろいろしなければならないことがあるんです。
1日24時間なんて全然足りない!30時間くらいあればいいのに・・・と思うこともしばしば。

 

ということで、睡眠時間短縮できれば起きて有効に使える時間が長くなって良いのでは?と思いました。

 

そこでインティで睡眠時間短縮にトライ!
午前1時半就寝、午前6時起床の4時間半睡眠です。

 

一応、レム睡眠90分サイクル説にのっとって、4時間半としました。
ちなみに、普段は6時間睡眠です。

 

4時間半でも疲れがたまることなく、起きたい時間に起床できれば言うことなし!とワクワクしながら床につきました・・・

 

ですが・・・・

 

結局、インティの光に気付かず熟睡したままで、狙った時間に起床できませんでした・・・orz

 

6時間睡眠なら気持ちよく起床できるんですけどね(泣)

 

考察:インティの正しい使い方

インティの光でなぜ睡眠時間を短縮できなかったのか、考察してみました。
(科学的には間違っているのかもしれませんが・・・。単にインティ使用者である素人の考えなので)

 

考えられる一番の理由は、本来インティは光だけでなく、音のアラームも同時にセットできるのですが、私は普段、光のアラームだけしか使っておらず、4時間半睡眠の時も光しかセットしていなかったことです。

 

インティを使ってみるとわかると思いますが、時間が来たらまぶしい光がいきなりピカーッ!と光り、まぶしさのせいでたまらず目が覚める、という性質のものではありません。

 

確かに強い光ではあるのですが、まぶしすぎる光というわけではありません。
また、いきなり光るのではなく、夜明けの空のように、30分前から徐々に明るくなるのです。

 

光アラームだけでは、眠りの底からいきなり叩き起こすほどの刺激ではないと思います。
睡眠時間が足りないのに、無理やり起こすという目的には向いていないのではないでしょうか?

 

自然に目が覚めるように誘導するのが光アラームの特徴かな、という感じです。

 

「明日は大事な用事があるのでいつもよりも睡眠時間は短いけれど○時に起床しなければ!」
という場合は、音のアラームを併用することをおすすめします。

 

また、今回は「光りのアラームだけで6時間から4時間半に急に睡眠時間を減らす」という条件で行ったのでうまくいかなかったのかもしれません。
少しずつ睡眠時間を短縮していけば成功するかもしれません。

 

ですが、やはり健康のためには、必要な睡眠時間の確保は絶対に大事なので、くれぐれも無理のないようにしてくださいね!

続きを読む≫ 2016/07/31 00:12:31

朝が弱くてなかなか起きられないとか、スッキリと起床できない、朝寝坊してしまう人のためのサプリメントが色々と市販されていますよね。

 

早起きできない人の脳はセロトニン不足なので、セロトニンの材料となるトリプトファンを豊富に含んでいるというサプリメントというのが多いですよね。うつ病や精神的ストレスなんかにも効果があるみたいです。

 

ですが、こういう睡眠サプリってなにげに値段が高いですよね・・・

 

毎日続けて飲んでいたら、1年間でも結構な金額がかかってしまいます。

 

仮に睡眠サプリ1か月分が4,000円だとすると、1年間で12×4,000=48,000円もの出費になってしまいます。

 

朝が弱いのを改善したいと言っても、長年サプリを続けて飲むのは、結構お財布の負担かも知れないですね。。。

 

とは言え、毎朝決まった時間にスッキリと起きられるようになるのは、とっても気持ちのいいことだと思います。

 

朝が弱いのを改善し、スッキリ気持よく起床するためには、最初にそれなりの金額を投資してもいい、
でも、毎月毎月のエンドレスな出費はちょっと・・・というのが一般家庭の普通の人の正直なところではないでしょうか?

 

実は私もそうです(笑)
毎月4000円の出費は、朝起きのためとはいえ、1ヶ月の小遣いの何分の1の出費?ということを思うと辛過ぎます(泣)

 

ということで、

  • 一度購入すればずっと使える
  • 朝が弱い人でもスッキリ起床できる
  • きちんとした科学的根拠がある

スッキリ起床グッズはないか??と色々と調べました。

 

で、見つけたのがコレです。

 

 

スッキリと起床できるメカニズムはリンク先に詳しく書かれているので、そちらを読んでもらうといいと思いますが、(笑)
大事なのは、1度購入すれば、毎月の出費が不要で、5年でも10年でも、好きなだけ使いたい放題という点です。

 

ちなみに、原理的には季節性うつ病や睡眠障害に用いられる光療法と同じですね。

 

 

ただし、単なる光のスイッチをオンさせるタイマーではなく、独自の工夫が・・・

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/07/20 23:22:20

実は私はロードバイクを趣味としていまして、出勤前の早朝に1時間ほどロードバイクで朝練することを日課とします。
朝練とは言ってもそんなハードではなく、まあ軽く流す程度ですが・・・

 

軽く流す程度とはいっても、朝早く起きて、運動するのはいい感じですね。
何か健康的というか、朝活やってます!みたいな、充実感があるんです。

 

まあ、夜は残業で遅いし、ビール飲んでからロードバイクに乗るわけにもいかないし、そもそも夜は暗くて交通安全的にどうかな、って思うし。
土日は息子のサッカーの送迎とか、家族サービスで結構朝早いし、ロードバイクに乗るには平日の朝しかない、という事情もあります。

 

ですが、私、実は朝が弱いんですよね・・・

 

夜寝るのはそんなに遅くないと思います。
12時前にはベッドに入りますし・・・

 

ただ、朝起きが異様に弱い!
子どものころか目覚まし2個を併用していて、かつ最終的にはお袋に毎日たたき起こされる始末(笑)

 

そんな私がなぜかロードバイクにハマり、結構高い(数十万円)のカーボンフレームの奴を購入したから結構大変。
「アンタ、朝起きられないのに、いつ乗るのっ?そんな高いモン買ってどうすんのっ!!(怒)」と嫁からあきれられる始末。

 

ということで、朝に弱い私が、高いロードバイクを無駄にしないために、強制的に早起きしなければならなくなりましたとさ。

 

そこで困ったのがどうやって朝早く、決まった時間に起床するか?
目覚まし2個併用でも起きられないこの私が?
正直、いくら大音量の目覚ましを導入しても、結局、すぐに止めてしまえば効果はないということは、ウン十年の経験でわかっています・・・

 

ところで、私は理系の人間です。
「科学的根拠」という言葉にすごく弱いです(笑)

 

ということで、単なる大音量という「力技」で熟睡の眠りの底からムリヤリ叩き起こす目覚まし時計ではなく、
科学的に、人間が自然に朝起きしやすくなるようなカラクリのある目覚まし時計があったらなあ・・・と思っていました。

 

それで色々ネットを調べていたところ、「光で起こす」という光目覚まし時計を見つけました。

 

これです
81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

 

結論から言うと、インティを買って良かったと思います。
早朝に起きるのがかなり楽になりました。

 

ということで、このブログでは、今後このインティの使用感やレビューなどを書いていきたいと思います。
ご参考ください!

 

続きを読む≫ 2016/07/19 00:44:19